プロダクションデジタル印刷/POD市場コンファレンス2020


プロダクション&パッケージングコンファレンス2020を
2020年11月20日(金)に東京・品川(オンサイト)およびオンラインにて選択型同時開催いたします。
Production & Packaging Conference 2020 will be concurrently held on Friday, November 20, 2020
in Shinagawa, Tokyo(onsite) and online

東京オリンピックやdrupaの延期にとどまらず、新型コロナウイルスの感染拡大は、この市場に大きな爪痕を残しました。今後はプロダクションおよびパッケージングプリンティング市場にどのような影響をもたらすのでしょうか。先が見えない今こそ、アフター/WITHコロナの市場を考察いたします。
キーポイントインテリジェンスではこのたびご来場参加とオンライン(Zoom)参加のどちらかを選択いただけるハイブリッド型にてコンファレンスを開催することにいたしました。今後のビジネス戦略の一助となれば幸いでございます。皆様のご参加お待ちしております。

Beyond the postponement of the Tokyo Olympics and drupa, the pandemic of COVID-19 has left a big mark on this market. What impact will it have on the production and packaging printing markets in the future? In this conference, we will consider the after / with corona market. Keypoint Intelligence has decided to hold a hybrid conference where you can choose to participate either onsite or online (Zoom). We hope it will help you in your future business strategy. We are looking forward to seeing you in the event.

主なトピック
▼新型コロナウイルスの現在の市場動向および今後の予測
▽オペレーションに重要なKPI(Key Performance Index) とは?
▼プライバシー規制はビジネスにどのような影響を与えるのか?
▽ラベル・紙器、段ボール、軟包装印刷市場の今後の課題とは?
▼B1の市場の今後は?
▽成長性の高い印刷アプリケーションとは?
▼国内市場は?

Key topics
▼Trends and forecasts during and after COVID-19
▽What is the KPI (Key Performance Index) that is worth tracking for operations?
▼How privacy regulations can affect your business
▽Future challenges for the label / folding carton, corrugated, and flexible packaging printing markets
▼Future of the B1 market ▽High-growth printing applications
▼Japan market

※USの講演アナリストはオンラインにて参加となります。
US analysts will participate online.

お申し込み


開催概要/ Event Summary

日   時

Date / Hour

:2020年11月20日(金) 9:30〜15:20(受付9:10〜)

: Friday, Nov 20, 2020/ 9:30〜15:20(registration starts at 9:10〜)

会   場

Venue

ご来場参加の場合:

東京コンファレンスセンター・品川 MAP

Tokyo Conference Center Shinagawa  MAP

主   催

Organizer

: 株式会社キーポイントインテリジェンス InfoTrends 事業部    InfoTrends

: Keypoint Intelligence

メディアスポンサー :   株式会社印刷学会出版部       印刷学会出版部

参加費

Admission

  94,800円(104,280円税込)...早期割引2020年11月12日(木)まで
   99,800円(109,780円税込)...通常価格2020年11月13日(金)以降

 94,800 yen (excluding the 10% JCT)…Registration by Nov 12, 2020
  99,800 yen (excluding the 10% JCT)…Registration after Nov 13, 2020

  • 会場、オンライン(Zoom)とも同時通訳(英-日)がつきます。なお、会場は同時通訳レシーバーを使って通常通り英日可能です。Zoomの場合は日本語か英語のチャネルを選択いただきます。
    English-Japanese simultaneous interpretation. For Zoom, select the Japanese or English channel.
  • 配布資料、コーヒーキオスク、昼食が含まれます。(会場来場者のみ)
    Materials, drinks and lunch are included (onsite participants only)
  • 2020年11月14日以降のキャンセルはお受けできません。
    当日不都合の場合は恐れ入りますが代理の方のご出席をお願い申し上げます。
    Cancellations after November 14, 2020 will not be accepted. If you cannot participate on the day, please make a substitute.
  • 申込み確認後、請求書を発行させていただきます。
    After confirming your registration, the invoice will be issued.
定   員

Number of seats:

: 35名(会場)
  • 先着順とさせていただきます。満席の際はご了承ください。会場は定員になり次第締切りをいたしまして、以降はオンラインのみの参加となります。 

: 35 people (seating is limited) ・First-come-first-served basis. Once the seats are full, we ask that you participate online.

講   師

Speakers

: ゲストスピーカー/Guest Speaker
  • Okamoto松原 匡隆氏(Mr.Kunitaka Matsubara)
    ユニオンネットワーク株式会社 代表取締役
    President, Union Network CO.,LTD
    http://union-1.co.jp/
: キーポイントインテリジェンス アナリスト/Keypoint Intelligence Analysts
詳細&申込

Registration

: お申込みフォームより参加お申込みいただけます。

: Complete the fields on the registration form and click the Submit button.

その他

オンライン参加者様
・Zoomを利用して開催します。オンライン参加を選択された方には後日アクセス用のURLを送付いたします。
・資料は前日にPDFにてご提供いたします。
For those who participate online
・The event will be held using Zoom. URL for access will be sent to you later.
・The materials will be provided in PDF the day before.

ご来場の参加者様
・必ずマスクを着用して頂き、発熱・咳等の症状が見られる場合にはご来場をご遠慮ください。
・当日ご来場の際、ご来場の方全員に検温(非接触)をお願いしております。その結果37.5℃以上の方につきましては、ご来場をお断りいたします。なお、来場参加で申し込まれても、当日体調不良等でしたら、Zoom参加に切り替えください。わかり次第お知らせください。。
・参加者様の密集を避けるため、参加人数を制限させていただきます。
・昼食はビュッフェ形式でなく、ワンプレートのご提供となります。
・資料は会場でもお配りしますが、前日にPDFにてご提供いたします。
・コロナウィルス感染予防につきましての詳細は こちらをご確認ください。
For those who visit the venue (Tokyo Conference Center Shinagawa)
・Please be sure to wear a mask and refrain from visiting if you have symptoms such as fever or cough.
・We ask all visitors for monitoring of body temperature (non-contact). Those who have a fever of 37.5 ℃ or higher will not be allowed to visit. If you apply to participate onsite and feel unwell on the day, please switch to participate online (Zoom). Please contact us as soon as you know.
・We limit the number of participants to avoid crowding
・Lunch will be served on a plate, not buffet style
・The materials will be available at the venue, but will be also provided in PDF the day before.

▲Top

Program

受付開始(9:10)
9:30
l
9:40

開催にあたって(連絡事項など)
Welcome & Introduction of Topics & Presenters

9:40
l
10:10
1

プロダクションデジタル印刷市場の動向と予測
German Sacristan

当セッションでは、新型コロナが流行する状況においての「市場トレンド および 今後の予測(2019-2024)」についてご説明いたします。 また、プロダクションプリンターの販売台数 および 印刷ボリュームが、コロナ環境において、どのような影響を受けるのかについて、製品セグメント別に解説いたします。
2020年は、コロナの年ですが、drupaの年でもありました。drupaは2021年に延期されましたが、デジタル印刷機ベンダーが、市場に新技術&新価値を発表することを停止したわけではありません。
当セッションでは、最新デバイスについても解説し、それらが将来の市場でどのような競争力を持つのかを探りたいと思います。
主要トピック
・ 市場動向および今後の予測
・ drupeは延期されたが、ベンダーは新製品を発表している
・ 最新のデバイスについて

Production Digital Printing: Market Trends and Forecast

Information can help us be more strategic while also reducing the chances of failure. During this session, we will discuss market trends and forecasts during and after COVID-19 (2019 through 2024). We will share how printer sales and print volumes will react throughout and after the pandemic, while also differentiating the segments that are expected to do the best versus those that are bound to struggle the most. In addition to marking the beginning of the global pandemic, 2020 was also supposed to be a drupa year. Although the event has since been postponed until 2021, this has not stopped digital printing manufacturers from presenting their new technologies and value propositions to their customers. This session will also discuss the market’s latest devices and explore how they might compete in the marketplace of the future.
Key Topics
・Trends and forecasts during and after COVID-19
・Despite the postponement of drupe OEMs continue to promote their new technologies
・Getting a look at the newest devices

    10:10-10:15    Break
10:15
l
11:00
2

2020年に重要なデータとは?パンデミック期における印刷会社、印刷業界にとって必要な重要業績評価指標(KPIs)とダッシュボードについて
Ryan McAbee

印刷ビジネスにとって「重要な2分野」があります。それは、「(a)印刷物を作り出すためのオペレーション」 と 「(b)利益につなげるファイナンス」です。事業状況の把握には Key Performance Index (KPI)は大切です。
印刷市場は、自動化をともなう「スマート・プリンティング」に向かっており、このKPIを理解することは、印刷会社の成功にとって重要です。ここ数年で、プロダクション・ダッシュボード・ソフトウェアが登場しましたが、プロダクション印刷におけるKPIの利用も、ベンダーにとって大切です。
主要トピック:
・ オペレーションとファイナンスを追跡するKPIとは?
・ 必要なデータと収集方法は?
・ 意思決定者はどんな情報をモニターし、利用しているか?
・ ベンダーは、印刷会社に評価されるソフトウェアを開発するために、どうデータ(マシンおよびユーザー生成)を活用すべきか?
2つの選択肢があります。
・ 1つ目は、今起こっていることに対応すること、
・ 2つめは何か起こる前に行動することです。
結果に影響を与えるためには、戦略的アプローチするべきです。 当セッションでは、コロナ禍の環境において、デジタル印刷のサービスプロバイダーが拡販するための戦略について解説します。
主要トピック:
・ コスト主導型から戦略主導型の販売アプローチに移行することにより、高付加価値と差別化を実現する方法
・ コロナ禍において、他のメディア・チャネルに対するデジタル印刷の強み
・ 成長性の高い(および低い)印刷アプリケーション

What data is critical in 2020? A look at KPIs and dashboards critical to printers and the industry through the Pandemic

There are two areas critical to any print business: operational execution to make stuff and financials that lead to profit. Key performance indicators (KPIs), that measure and track how a business is delivering over time, are vital to the health and growth of any production printer. Understanding operational KPIs will be critical for PSPs success as the industry continues its path toward automated "smart" print manufacturing. The use of KPIs in production printing are also critical to the vendor community since numerous software products for creating production dashboards have emerged over the last few years.
Key topics:
・What are the KPIs that are worth tracking for operations and the financials?
・How will the supporting data and information be collected?
・What key staff members and decision makers monitor and use the information?
・How should vendors leverage data (machine and user generated) to create software tools that PSPs will value?
In times like these, we have two choices, we can react to what is currently happening or attempt to act before things happen! If we hope to influence the outcome, we must be more strategic and shift our focus from what is GOING to happen to what we WANT to happen. This session shares strategic insights that can help you and many of your customers (digital print service providers) increase sales opportunities during and after COVID-19.
Key Topics:
・Ways to add more value and differentiation by moving from a cost-driven to a strategy-driven sales approach
・The strengths of digital printing in relation to other media channels during COVID-19
・The strongest and weakest printing applications

    11:00-11:15    Break
11:15
l
11:35
3

プライバシー保護 規制について
Aaron Hale

当セッションでは、印刷会社(プリントサービス プロバイダー)が、「企業顧客(クライアント)が遵守する義務のある様々なプライバシー規制」を理解し、遵守することの重要性についてお話しします。 また、データ処理業者として、企業顧客(クライアント)との取引に伴う責任について解説いたします。
インド、日本、オーストラリア、カナダなどでは、独自規制を作成するためのベンチマークとして「EU一般データ保護規則(GDPR)」に注目しています。
基本的に、プライバシー保護規制は、データの処理 および 保護のためのプロセス/手順に関して、多くを内容を共有しています。 近年、セキュリティとプライバシーは統合されつつあり、別々として語ることはできなくなっています。
規制には、データ管理者(企業顧客 = クライアント) と、処理業者(印刷会社 = プリントサービスプロバイダー)という 2つのプレイヤーがいます。 データ管理者(企業顧客 = クライアント)は、下請け業者またはその他の第三者によるデータの取扱ミスや違反に対する一時的な責任を負います。 この責任は「プロジェクトを完了するために使用する可能性のある下請業者」または「第三者を含むデータ処理業者(印刷会社 = プリントサービスプロバイダー)」に引き継かれます。
また、これらの規制を遵守するには認定制度を活用するのが容易であり、認定制度への投資は、企業顧客(クライアント)にとっても個人情報やIPを保全するためのコストとして認識されやすいため、データ処理業者(印刷会社 = プリントサービスプロバイダー)とって継続的な収益につながります。
主要トピック
・プライバシー規制と、ビジネスに与える影響
・プリント・サービス・プロバイダーの役割と責任
・認定制度への投資は、プライバシー規制の遵守に加え、継続的な収益につながる


The Privacy Imperative

The intent of this presentation is to emphasize the importance for print service providers to understand and comply with the various privacy regulations to which their customers may be bound. In addition, as “Data Processors,” to understand the responsibilities that come with doing business with those clients. Among nations like India, Japan, Australia, and Canada, most are looking to the EU General Data Protection Regulation GDPR as a benchmark for creating their own regulations. Fundamentally, they all share many common attributes and governance around processes and procedures for handling and protecting data. Today, we are seeing a true convergence of security and privacy. You simply cannot speak of one without the talking about the other. Why should you care, you might ask? Within each of these various regulations, there are two key and very prominent roles: the Data Controller (your customer) and the Data Processor (your company). The Data Controller holds the primary liability for any breach or data mishandling with fines for non-compliance, which extends to subcontractors or other third-parties. Their responsibility carries over to you as the Data Processor as well as any subcontractors or any third parties you may utilize to complete a project. We will also discuss how through accreditations, not only will it be easier to comply with those regulations, The bottom line is that investing in accreditations can yield more lucrative and sticky business because it can be worth paying a higher premium for the comfort of knowing that your clients personal information and IP is in capable hands with minimal risk.
Key Topics
・Privacy regulations and how they can affect your business
・PSP roles and responsibilities
・How through accreditations, in addition to helping to comply with privacy regulations, new more lucrative opportunities can lead to more profitable jobs and sticky business

    11:35-11:40    Break 
11:40
l
12:10
4

デジタルラベル・紙器市場概況
Marc Mascara

ラベルおよびパッケージ印刷会社(コンバーターと呼びます)は、毎年数百万ドルを投資して、プロダクションカラーデジタル印刷機、インク、トナー、メディア、サービスなどを購入しています。
現在は、ラベルが市場の大部分を占めていますが、紙器、軟包装、段ボールも成長市場です。 日本の技術サプライヤーは、これら全ての分野に重要な貢献をしています。
さて、カラーデジタル印刷の市場規模 そして 成長予測はどうでしょう?どんな要因が働いているのか?機器ベンダーはどのように成長を推進するのか?
当セッションでは、ハードウェアとソフトウェアの技術進歩のスピードおよび市場拡大を考慮しつつ、今後数年間での大きな影響について解説します。 また、当セッションでは、カラーデジタル印刷の予測と、ラベルおよび紙器の消耗品に関する、その他の質問にもお答えします。
・ 市場概況と動向
・ デジタルアプリケーションとプリントボリュームの増加予測
・ 新型コロナウイルスの市場への影響
・ 投資を促進させるための課題と機会

Overview of the Market: Labels and Folding Cartons

Label and packaging converters invest millions of dollars each year to purchase production color digital presses and their associated consumables, including inks, toners, media, and service. While label applications account for the bulk of the revenue today, folding carton, flexible packaging, and corrugated are dynamic digital print markets as well, and Japanese technology suppliers make vital contributions to all these segments. What is the size of these color digital print markets, and what will be their projected growth? What forces are in play and how will equipment manufacturers drive the growth? With the speed of technological advancements in hardware and software coupled with market expansion we will look at what influences will be the most impactful in the coming years. This session will answer those questions and others in this presentation about the new forecast for color digital printing equipment and supplies for labels and folding cartons, 2019-2024
・Market overview and trends
・Digital Applications and expected volume growth
・COVID 19 market impact and implications
・Challenges and opportunities driving investments.

    12:10-13:10    Lunch Break
13:10
l
13:30
5

B1マーケット
German Sacristan /Marc Mascara

世界のデジタル印刷市場は、CAGR約5%で成長すると予測されています。この状況は、B1デジタル印刷機や、ハイブリッド機器の成長に、どうように関連するのでしょうか。 機器ベンダーは、デジタルシフトにより、プリントボリュームのシェアを獲得することを信じ、技術革新に投資を続けています。 当セッションでは、デジタルやハイブリッドB1プレスが、その戦略にどう貢献するのかを解説します。 また、当セッションでは、クロスオーバーポイント、コスト比較、アプリケーションについて解説し、当分野の主要なメーカーに焦点を当てます。 そして、2019年-2024年のカラーデジタル印刷の市場予測についてお答えしたいと思います。
主要トピック
・機器とベンダーの概要と動向
・新型コロナウイルスの市場への影響とB1アプリケーションへの影響
・B1デジタル機の導入を促進させるための課題と機会

B1 market

With the Digital Printing market worldwide projected to grow by a compounded growth of almost 5%, how do the current shifting dynamics support growth for B1 digital and hybrid equipment. As equipment manufactures continue to invest in technology and innovation in support of capturing a larger share of print volume from the analog to digital shift, we will explore how digital and hybrid B1 presses contribute to that strategy. This session will discuss cross over points, cost comparisons and applications as well as highlighting the key equipment manufactures that are committed to this digital expansion. This session will answer those questions and others in this presentation about the new forecast for color digital printing equipment and on-demand commercial equipment from 2019-2024.
・Equipment and Vendor overview and trends
・COVID 19 market impact and implications on B1 applications
・Challenges and opportunities driving the adoption of B1 digital equipment

    13:30-13:35     Break
13:35
l
13:50
6

デジタル段ボール印刷
Marc Mascara

デジタル印刷は、アナログからデジタルへ移行している「段ボール印刷」に影響をあたえています。 効率性を保持したまま、高速ターンアラウンド、短時間運転、高品質グラフィックスなどのニーズに応えることは、顧客獲得 および 収益性にとって大切です。
新型コロナにより、段ボールのカスタマイズ印刷が進み、「製品を箱から出す経験(unboxing experience)」が着目されています。 サンプル(およびプロトタイプ)の生成から、デジタル・スイート・スポットに対応する「プロダクション・レベル・ソリューション」に移行しつつありますので、 当セッションでは、その移行がどのように進んでいるかをお話しいたします。
デジタル印刷は、費用対効果の高い方法で、市場の要望に応えることが可能です。 その革新とは何か?そしてメーカーはどのように適合させるのか? 当セッションでは、これらの疑問や、カラーデジタル印刷機の予測についてお話しします。
・市場概況と動向
・新型コロナウイルスの市場への影響と段ボールアプリケーションへの影響
・投資を促進させる課題と機会

Digital Corrugated Printing driving a path forward

Digital printing is becoming a key player in the corrugated printing segments transition from analog to digital. Meeting the demands of fast turnarounds, short runs, and high-quality graphics without losing efficiencies are key to customer retention and profitability. COVID-19 has accelerated the adoption of customization and the enhancement of the “unboxing experience”. As hardware and software products transition from sample and prototype generation, to production level solution addressing a digital sweet spot, we will explore how this transition is playing out. Digital printing provides a cost-effective way to address the markets demands for responsiveness and flexibility, as digital press manufacturers continually innovate and expand digital capabilities. What is that innovation and how will manufacturers adapt? This session will answer those questions and others in this presentation about the new forecast for color digital printing equipment and supplies for coorigated 2019-2024
・Market overview and trends
・COVID 19 market impact and implications on corrugated applications
・Challenges and opportunities driving investments.

    13:50-13:55     Break
13:55
l
14:10
7

アナログを超えたデジタル軟包装の台頭
Marc Mascara

軟包装市場は、2018年に米国だけで300億ドル超の売上規模があり、デジタル印刷は、その一部をアナログに代わり占めています。
デジタル印刷への革命は、HP/Indigoによって10年前に始まりましたが、現在は、デジタル印刷機を進める他ベンダーが加わっています。 パッケージング業界は、デジタル印刷が可能にする様々なアプリケーション、カスタマイズ、ターンアラウンドタイム高速化などに魅力を感じています。
完全なデジタルソリューションから、ボルト・オン・ソリューションまで、軟包装業界はデジタルの影響を受けています。 そして、新型コロナのパンデミックにより、アナログからデジタルへの加速が見られます。
当セッションでは、優れた企業について解説し、アナログ印刷市場にくいこむために、ハードウェアベンダーが追い求めている戦略・戦術を分析します。
・ 市場概況と動向
・ハードウェアベンダーセグメントへの影響
・デジタルアプリケーションと予想されるボリュームの増加
・新型コロナウイルスの市場への影響
・ 投資を促進させる課題と機会

The rise of Digital Flex-Pack, going beyond analog

The Flexible Packaging Industry boasted over $30 billion in sales in the U.S. alone in 2018, with digital printing capturing a small part of that pie from analog. While the analog to digital revolution started almost a decade ago with digital innovations from HP/Indigo, the landscape is changing, and this once dominate supplier is now joined by other vendors looking to accelerate the adoption of digital print. The packaging industry is gravitating to the significant benefits that digital offers in a variety of applications, customization and increasingly faster turnaround times. From complete digital solutions to bolt-on solutions the flexible packaging industry is being influenced by digital and witnessing an acceleration of analog to digital due to the current COVID-19 pandemic. This session will explore the dynamic leaders in this segment and analyze the strategy and tactics that hardware vendors are exploring as they all position to capture their part of the analog pie that is migrating to digital. Key point Intelligence will answer all these questions and others as it considers the outlook for digital printing in this segment.

    14:10-14:25    Q&A
14:25
l
14:40
8

印刷ビジネスを成長させるためには      ※録画放映となります。
German Sacristan

「印刷はコモディティだ」とも言われますが、本当でしょうか。
当インタビューでは、PSP(印刷会社)が、この危機を乗り越えて「どのように差別化できるか」に焦点を当てます。
・ビジネスを成長させるためPSPが追求すべき戦略的投資とは?(ハードウェア、ソフトウェア、人材、マーケティング)
・どのアプリケーションがより多くの差別化をもたらすのか、そしてその理由は?
・どのバーティカル市場が、より多くの印刷をもたらす原動力となり得るか?
・プリントの価値を売り込む方法とは?

Ideas to grow a printing business

It is often said that printing is a commodity but is it really? This interview will focus on how a PSP can differentiate themselves even through a crisis like today: What strategic investments they should pursue to grow their businesses (hardware, software, human resources, marketing?) What applications bring more differentiation and why What vertical markets are driving more print How to sell the value of print

    14:40-14:45     Break
14:45
l
15:00
9

特別講演:コロナ禍からの脱出に向けて
ユニオンネットワーク株式会社 松原 匡隆氏 ( Mr.Kunitaka Matsubara, Union Network CO.,LTD ) 

ユニオンネットワーク株式会社様は設立当初からデジタル印刷機を導入、名刺にフォーカスしたビジネスを展開されています。常に最新のデジタル印刷設備に投資を行い、ハイクオリティで付加価値の高い製品づくりによる差別化を行われています。コロナ禍の影響から大手クライアントからのジョブが減少する中、独自に開発した名刺Web発注システムを活用し、中小のクライアントにメリットのある提案をすることで環境の変化に対応されています。このセッションでは、同社代表取締役の松原氏をお迎えし、同社のサービスの特長、デジタル印刷の活用方法、今後の展開についてお話いただきます。

Toward the escape from COVID-19 pandemic

Union Network Co., Ltd. has introduced digital printing machines since its inception, and is developing a business focusing on business cards. They are constantly investing in the latest digital printing equipment to differentiate themselves by creating high-quality, high-value-added products. While the number of jobs from major clients is decreasing due to the influence of the COVID-19 pandemic, they are responding to changes in the environment by utilizing their uniquely developed business card web ordering system and making proposals that are beneficial to small and medium-sized clients. In this session, Mr. Matsubara, CEO of the company, will to talk about the features of the company's services, how to utilize digital printing, and future developments.

    15:00-15:05     Break
15:05
l
15:25
10

JP2020速報
後田 雅人(Masato Atoda)

印刷機材展示会の多くが中止・延期、あるいはバーチャル化された2020年ですが、11月19日〜20日にJP2020・ICTと印刷展が開催されます。このセッションではデジタル印刷関連の出展内容を中心にJP展をレポートします。

Latest Announcements from the Japanese Digital Printing Tradeshow: JP2020

Many of printing industry exhibitions have been canceled, postponed, or virtualized in 2020. One of the first printing tradeshows during the covid-19 pandemic - JP2020 - is scheduled on Nov. 19th and 20th. In this session, we will report the new announcements related to digital printing technologies and provide the latest Japan market analysis.

    15:25-15:30      Q&A,feedback & Announcement
Closing - 閉会(15:30)

▲Top

コンファレンス参加お申込フォーム

下のフォームに必要事項を記入し、送信ボタンをクリックしてください。
後日、請求書をPDFにてお送りいたします。

 参加費お支払方法

   
参加方法 paticipate  来場参加 onsite
 オンライン参加 online (zoom)
お名前
name
会社名 company
部署
Division
役職
Title
所在地
address
郵便番号postcode
電話番号
phone
e-mail
 
    
   

お問い合わせ先

株式会社キーポイント インテリジェンス
コンファレンス担当: 水村、西本

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-19-19 恵比寿ビジネスタワー10F
Tel : 03-4567-6222  Fax: 03-6685-2023
Email : e-mail      Web : http://www.keypointintelligence.jp/

▲Top

keypoint