パッケージングコンファレンス2018を
2018年7月10日(火)に東京・品川で開催します。

デジタル印刷において、パッケージング(ラベル・紙器・軟包装・段ボール)市場の成長は著しく、引き続き投資に意欲的な姿勢を見せています。同時に、ラベル以外の分野では特にデジタル印刷機の浸透率は大きくなく、市場の成長はいつまで続くのか、またどのくらいまで大きくなるのか不安要素も多々出てきております。本コンファレンスでは現状ならびに今後の市場動向について独自の視点から解説いたします。

特に今回は森永製菓株式会社 渡辺様、プリント&プロモーション 中村様をゲストスピーカーとしてお迎えし、ブランドオーナーの最前線の状況をお話しさせていただきます。印刷機メーカーや機器を使ってパッケージング印刷をするコンバーターの動向だけでなく、本コンファレンスのさらなる多面的・多角的考察にご期待ください。

本コンファレンスには、7月開催のIGASの直前情報もございます。また、欧米日の先進国のみならず、中国におけるパッケージング市場についても解説します。

顧客獲得、市場開拓の機会創出など皆様のビジネスチャンスの伸展にご活用いただければ幸いです。今後新たに市場に進出を計画する企業様や、  更なる市場拡大や次の一手を模索・検討している皆さまはぜひご参加ください。

 皆様のお越しをお待ちしております。


開催概要/ Event Summary

日   時

Date / Hour

: 2018年7月10日(火) 9:30〜17:55(受付9:10〜)

:  Tuesday, July 10, 2018/ 9:30〜17:55(registration starts at 9:10〜)

会   場

Venue

: 東京コンファレンスセンター・品川 406室  MAP

: Tokyo Conference Center Shinagawa  MAP

主   催

Organizer

: 株式会社キーポイントインテリジェンス InfoTrends 事業部    InfoTrends

: Keypoint Intelligence

後   援

Supporter

:   一般社団法人 日本印刷産業連合会          


: Japan Federation of Printing Industries (JFPI)

メディアスポンサー

Media Sponsors

株式会社印刷学会出版部
株式会社印刷学会出版部
プレスリリース  パッケージングコンファレンスを開催

参加費

 

 

Admission

 

89,880円(97,070円税込)…早期割引2018年7月3日(火)まで
  99,880円(107,870円税込)…通常価格2018年7月4日(水)以降

89,880 yen (excluding the 8% Japanese consumption tax)…Registration by July 3 ,2018
  99,880 yen (excluding the 8% Japanese consumption tax)…Registration after July 4

  • 英語の講演には逐次時通訳(英→日)がつきます。
  • 配布資料、コーヒーキオスク、昼食代が含まれます。
  • 2018年7月4日以降のキャンセルはお受けできません。
    当日不都合の場合は恐れ入りますが代理の方のご出席をお願い申し上げます。
  • 申込み確認後、請求書を発行させていただきます。

定   員

 

Number of seats:

: 60名
  • 先着順につき、満席の際はご了承ください。

: 60 people  (seating is limited)

講   師

Speakers

   ゲストスピーカー / Guest Speaker

  • Mr.Watanabe
  • 渡辺 啓太氏 (Mr.Keita Watanabe)
  • 森永製菓株式会社 新領域創造事業部 マネジャー
     (MORINAGA&CO.,LTD)
    2009年森永製菓株式会社に入社。同社で3年半、営業を経験し、その後アンテナショップの運営・店舗の立ち上げ・商品開発担当を経て2015年4月より現職。現在は、自ら立ち上げた小ロットからおかしノベルティを作成できるWebサービス「おかしプリント」の事業拡大を目指すほか、起業意欲にあふれたベンチャー企業や中小企業と組んで、当社の経営資源を活用したアイディアから事業立上げを目指す「アクセラレータープログラム」の運営責任者として新規事業の創造を目指す。



  • Mr.Nakamura
  • 中村 真己氏 (Mr.Masaki Nakamura)
  • プリント&プロモーション 編集部 編集責任者
     (Print & Promotion)
    1971年新潟生まれ 大判プリント系業界紙、印刷系業界紙を経て、2015年にデジタルプリントに関するニュースサイト「プリント&プロモーション」を開設。紙でのニュース・業界紙からの脱却を目指し、日々取材・調査を続ける。印刷関係者はもちろん、大手ブランドオーナーにも多く取材。その記事は印刷業界関係者だけでなく、一般読者からも注目を集める。



    キーポイントインテリジェンス アナリスト /Keypoint Intelligence Analysts

  • Pat

  • Pat McGrew, Director, Production Workflow Solutions
    http://keypointintelligence.com/about-us/analyst-team/pat-mcgrew/
  • Robert LeaheyRobert Leahey, Associate Director of Color Digital Label and Packaging Services(CDLP)
    http://www.keypointintelligence.com/about-us/analyst-team/robert-leahey/
  • bob
  • 後田 雅人(Masato Atoda), 
    アジア・パシフィックリサーチアソシエイト・ディレクター(Associate Director of Asia Pacific Research)
    http://www.keypointintelligence.com/about-us/analyst-team/masato-atoda/

詳細&申込

Registration

: お申込みフォームより参加お申込みいただけます。

: Complete the fields on the registration form and click the Submit button.

▲Top

Program

受付開始(9:10)/registration starts at 9:10
9:30
l
9:45

開催にあたって(連絡事項等) 

Welcome and Introduction

9:45
l
10:30
1

ラベルパッケージング市場予測 〜ラベル、紙器、軟包装、ダンボール市場〜
Bob Leahey

ラベル・パッケージングコンバーターのカラーデジタルプレスによるワールドワイドの収益は2016年の時点で30億ドルを超えています。主なアプリケーションはラベル印刷ですが、紙器、軟包装、ダンボール市場でも大きく成長しており、日本のサプライヤーはすべての領域で重要な位置を占めています。このセッションでは、カラーデジタル印刷市場がどのくらいの大きさなのか、またどのくらい成長するのか?どのような要因やベンダーがこの成長をドライブしているのか?についてインフォトレンズが説明します。また、2022年までの市場規模予測についても解説します。

Color Digital Packaging and Label Press Forecast〜 Labels,Folding Cartons,Flexible Packaging and Corrugated

Label and packaging converters worldwide earned over $3 billion in gross revenues from production level color inkjet and electrophotographic presses in 2016. Label printing is the dominant application, but folding cartons, flexible packaging, and corrugated uses are growing contributors, and Japanese technology suppliers make vital contributions to all segments. How big are all these color digital print markets,and how big will they be? What forces and vendors are driving this growth? InfoTrends will answer these questions and others in this presentation about its new forecast for color digital printing equipment and supplies for labels and packaging, 2017-2022.

10:30
l
11:15
2

パッケージングワークフローとコンバーターへの影響
Pat McGrew

デジタルパッケージングの生産量を増加させるために、3つの重要なワークフロー要素であるセールス&マーケティング、デザイン&ファイル作成、プロダクションに注目する必要があります。 デジタル環境では見積工程はどのように変わるでしょうか? セールス部門は販売のために何を知る必要があるでしょうか? プリプレス部門はパッケージデザイナーと連携して、印刷データのチェックを行い、生産工程にデータを渡すために何を知る必要があるでしょうか? インフォトレンズは、デジタルパッケージングプロダクション機を導入しようとしている企業のためにこれらについて解説します。

Packaging Workflow and its Effects to Converters

Adding digital packaging production requires attention to three key workflow elements: Sales & Marketing, Design & File Preparation, and Production. What does estimating and quoting change in a digital environment? What the Sales team need to know to sell the new capabilities? What does the prepress team need to know to work with digital packaging designers and certify the files for production? InfoTrends has guidance in each area for companies adopting digital packaging production.

11:15
l
11:45
3

デジタル印刷技術を活用した新規事業創出の事例紹介
渡辺 啓太氏 (Keita Watanabe)

印刷技術をどれだけ磨いたとしても、最終的にアウトプットされる印刷物がお客様ニーズに沿っていないと成果に結びつけることは難しいものとなってしまいます。今回は、森永製菓の新規事業である“おかしプリント”の事例を基に、実際に一般のお客様に最終プロダクトを提供するメーカー目線にて“プロモーションでの印刷技術の活用”ではなく“印刷技術を活用した事業開発”についてご説明をさせて頂きます。

Case Study of Creating New Business Utilizing Digital Printing Technology

Regardless of how much you have honed printing technologies, in the end it will be difficult for you to achieve results unless the printed material meets customer needs. Today, using the case of study of "Snack Print" -a new business of Morinaga & Company- we will explain "Business Development Using Printing Technology" rather than "Utilizing Printing Technology for Promotion" from the perspective of a manufacturer that actually offers final products to general customers.

    11:45-12:10  Coffee Break (展示ブースをご覧いただけます)
12:10
l
12:40
4

軟包装−デジタル化の歩みと今後の見通し
Bob Leahey

世界の製造業全体が2017年に軟包装にかけた費用は90億ドル以上であり、デジタル印刷は1%弱を占めています。このことは、デジタル印刷が早期のステップにありながらもパッケージング市場の一角を占め始めていることを示しています。また、既存の電子写真方式のデジタルプレスに加え、インクジェットシステムが新たな分野を切り拓くでしょう。 軟包装におけるデジタル印刷の歩みとは?またその展望とは? 今後数年間に市場に影響力のあるベンダーとは?そしてその理由は? デジタル機ベンダーが成功するためには、どのような機能やサービスが重要なのでしょうか?このセッションではこれらの質問にお答えします。

Flexible Packaging - Digital History, Digital Prospects

Product manufacturers worldwide spent over $90 billlion on flexible packaging in 2017, but much less than 1% of that spending was for digital print. That said, digital print is a young but established corner of the digital packaging market, and it will soon have a new tier of inkjet systems to augment the electrophotographic technology that is currently available. What is the history of digital for flexible packaging, and what are its prospects? What vendors will be influential in the next few years, and why? What features and services will be important for digital vendors to succeed? This presentation will answer these questions and others.

12:40
l
13:00
5

中国デジタルラベル・パッケージング市場
後田 雅人(Masato Atoda)

世界の工場となった中国において、ラベル・パッケージのデジタル化はどの程度進んでいるでしょうか?キーポイント インテリジェンスでは2016年から中国のカラーデジタルラベル・パッケージ市場調査を実施しています。このセッションでは中国のカラーデジタルラベル・パッケージ市場規模と今後の予測について解説します。また、今年5月に開催されたChina Printのデジタル印刷関連の出展内容について報告します。

China CDLP Market (China Print Overview)

How advanced is the digitization of label packaging in China, the world's factory? At Keypoint Intelligence, we have been implementing surveys of China's market of color digital label packaging since 2016. This session will explain the scale of China's market of color digital label packaging and future predictions. In addition, I will report on exhibition contents related to digital printing from 'China Print' which was held in May of this year.

    13:00-14:00    Lunch
14:00
l
14:30
6

紙器−デジタル印刷を再構築する勢力と企業とは
Bob Leahey

今日の紙器のデジタル印刷市場は、ナローEPウェブからB3、B2シートフィード機、EPとインクジェット、またまもなくB1インクジェットプリンターも登場するなど、多様なデジタルプリンタータイプが利用されています。 紙器分野で今利用されているな主なデジタル機は何でしょうか? また今後どのようなシステムが現れるでしょうか?新たに登場するシステムはどのような費用で利用でき、メリットと限界は何でしょうか? デジタル機ベンダーは、生き残るためにどのような技術課題に対応する必要があるでしょうか? デジタル印刷で生産された紙器を購入する業種は何でしょうか?それはなぜでしょうか?紙器のデジタル印刷の今後に影響を与えるソフトウェア、フィニッシング、またはメディア技術にはどのようなものがあるのでしょうか?このセッションではこのようなポイントについて解説します。

Folding Cartons: The Forces and Companies That Are Re-Making Digital Print For This Application

Digital printing of folding cartons today relies on multiple digital printer types, from narrow EP webs to B3 and B2 sheet fed systems, both EP and inkjet, and soon B1 inkjet printers will also contribute. What are the main digital systems available for this application now, and what ones are coming? What do these systems cost, and what advantages and limitations does each have? What issues must new suppliers of digital folding carton printing technology address, in order to be competitive? What vertical industries buy digitally printed folding cartons, and why? Are there ancillary technologies, in software, finishing, or media, that will affect the prospects for digital printing of folding cartons? These questions and others will be the focus of this presentation.

14:30
l
15:00
7

パッケージングコンバーターのデジタル印刷の機会
Pat McGrew

今日、段ボールや紙器のデジタル包装の生産が行われています。 デジタル製パッケージの機会は、1枚のコピーから数千枚のコピーまでさまざまなバリエーションを生み出すデジタルの力を活用して新製品を生み出しています。 インフォトレンズは、今日生産され販売されているパッケージのサンプルを集め、今後の製品に関するガイダンスをご提供します。

Opportunities for Packaging Converters for Digital Print

Digital packaging production is happening today for corrugated and folding carton applications. The opportunties for digitally-produced packaging are creating new products that leverage the power of digital to produce variations from one copy to thousands of copies. InfoTrends has gathered samples of packaging that is being produced and sold today to provide guidance on products you may want to offer tomorrow.

    15:00-15:20  Coffee Break (展示ブースをご覧いただけます)
15:20
l
15:50
8

段ボール:インクジェットによる既存市場の破壊・改善
Pat McGrew

インクジェットプリンターは、ダイナミックなマルチパス機と革新的なシングルパス機の登場により、段ボール印刷市場を変えつつあります。 段ボール用インクジェットプリンターのこれら2つのカテゴリーの現状と見通しはどうでしょうか? これらのアプローチはパッケージングコンバーターのオペレーションのどの部分にマッチしているでしょうか?その背景は何でしょうか? それぞれの将来は? このセッションでは、これらの観点に加えて、デジタルプリンターの操作と出力について、また、ダンボール印刷のワークフローについて解説します。

Corrugated Printing: How Inkjet Is Disrupting and Improving This Market

Inkjet printers are changing the corrugated print market right now, thanks to dynamic multi-pass printers and to their young but path-breaking single pass alternates. What is the status and prospect of each of these two categories of inkjet printers for corrugated? Where does each approach fit in the operations of packaging converters, and why? What is the future of each approach? In addition to these questions, this presentation will address related ones about the operation and output of the digital printers involved, in particular as they relate to live applications? and the workflows that support them for corrugated printing.

15:50
l
16:20
9

日本のブランドオーナーはこう考える!パッケージの今「デジタル印刷活用のポイントは?」
中村 真己氏(Masaki Nakamura)

国内の大手ブランドオーナーを「プリント&プロモーション」で取材し続けている中村記者が、各社の最新のパッケージ事情を紹介。ニュースでは伝えきれなった「ここだけの話」も披露。デジタル印刷であれば、どう活用できるかまでを探る。紹介するブランドオーナーはコカ・コーラ、ロッテ、カルビー、明治、マースジャパン、有楽製菓、伊藤園、博水社などを予定。

Inside the mind of Japanese brand owners? Packaging trend, "What is the point of utilizing digital printing?"

Nakamura, who continues to cover the domestic major brand owners in the publication "PRINT & PROMOTION", introduces the latest packaging status of each company. Nakamura will also reveal "here only" what was not delivered in the news. Explore how to utilize digital printing. Coca-Cola, LOTTE, Calbee, Meiji, Mars Japan, YURAKU CONFECTIONERY, ITO EN, hakusui-sha etc. are planned to be introduced as brand owners.

    16:20-16:50  Coffee Break (展示ブースをご覧いただけます)
16:50

17:10
10

ARおよび紙器、段ボール、ラベル用アプリケーション(不正防止、セキュリティ)
Pat McGrew

AR(拡張現実)は現在、パッケージにデジタルリンクを追加したいブランドオーナー向けにテストされた技術です。 同時にセキュリティの専門家は、不正防止や他のセキュリティ上の問題を解決するためにこの技術を活用しようとしています。 このセッションでは、ARを使用してデジタル製品の販売機会を増やす方法について解説します。

AR and applications for folding carton, corrugated and label (fraud prevention, security,

Augmented Reality is now tested technology for brand owners who want to add digital links to their packaging. At the same time, security specialists are learning to use the same techniques for fraud prevention and to meet other security concerns. InfoTrends provides guidance on how to use AR to augment sales opportunities for digital production.

17:10

17:20
11

IGAS 2018開催直前情報
後田 雅人(Masato Atoda)

今年7月26日から開催されるIGAS 2018ではどのようなデジタル印刷機が出展されるでしょうか?デジタルラベル・パッケージプリンターベンダーの動向、IGAS 2018事前情報をまとめてご報告します。

What is Coming next? Japan market - preview of IGAS -

What kind of digital printing machine will be exhibited at IGAS 2018, to be held July 26 this year? I will report on trends of digital label packaging print vendors together with IGAS 2018 preliminary information.

17:20

17:50
12

次に何が来るか: 〜FESPA/Print 4 Allなどからの考察〜
Bob Leahey

このセッションでは将来、特に現時点ではあまり開発されてこなかったり知られていない技術や企業に焦点を当てます。 2018年5月にヨーロッパで開催されたばかりのFESPAとPrint4Allショウの内容を中心に、今後数年間でパッケージ市場に影響を及ぼすと思われるデジタル印刷関連技術のトピックについて解説します。

What is Coming next? Our Choices from Europe and Beyond

The future is the focus here, in particular the technologies and companies that may be less developed or known at this point. Drawing in particular from the FESPA and Print4All shows that just occurred in Europe in May 2018, we will highlight several stories of digital print related technology that we believe will grow in influence in the packaging market over the next few years.

    17:50 - 17:55   Q&A
Closing - 閉会(17:55)

▲Top

コンファレンス参加お申込フォーム/Registration Form

下のフォームに必要事項を記入し、送信ボタンをクリックしてください。
お申し込み受付後、参加証、請求書を郵送でお送りさせていただきます。

 参加費お支払方法

 

お名前

Name

会社名

Company

部署名・役職

Division/Title

所在地

Address

郵便番号

Post code

電話番号

Telephone

e-mail
 
    
   

お問い合わせ先

株式会社キーポイントインテリジェンス
コンファレンス担当: 水村、西本

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-13-6 恵比寿ISビル8階
Tel : 03-5475-2663   Fax: 03-5475-2710
Email : e-mail      Web : http://www.keypointintelligence.jp/

▲Top

Infotrends